海の底まで眠りたい

恋とスコーンとパンクと私

消しゴム

「山野見て見て~」

大学からの帰り道玄関を開けながら振り返ると、マコが消しくずのようなものを両手いっぱいに持って帰ってきていた。

「え、なにそれ、捨ててきなよ」

呆気に取られていると、マコはするりと私の横を通り抜け家の中に入っていく。

「これはね、山野のココロだよ」
テーブルの上に消しくずをどっさり置いたマコは心なしか嬉しそうだ。

「ただの消しくずにしか見えないけど」

「まあ見てなって。この消しくずにね、バターと砂糖と牛乳を混ぜるの。チョコチップも入れとく?」
マコは分量も計らずにすべての材料を混ぜ始めた。

何ができるのかは知らないが、自分の心と呼ばれるものを目の前で捏ねられるのは気持ちのいいものではない。私は今日の復習をするべくパソコンの前に腰を掛けた。

「お、今日もやってるんだ、粘土遊び」
マコが作業するテーブルにはいつの間にか白身も乗っていた。

「シロちゃん!!粘土でも遊びでもないから!!これは山野が元気になる魔法なの!!」
ぷんぷん、と言いながらもマコは手を止めない。

「いいじゃんあんな奴元気にさせなくったって。落ち込んでるのがデフォなんだから。むし前向きになると暑苦しくてかなわないよ。この前なんか…」

コソコソ話しているつもりかもしれないが、同じ部屋にいるのだから丸聞こえだ。私は集中できず散歩に出かけた。



星がきれい。夏の匂いだ。宇宙の大きなエネルギーが私を包んでくれている。他人の気持ちには気付けないのにこういうのには弱いのだ。
今日もあの人の気持ちを汲めなかった、さりげない一言で傷付けたかもしれない。
いつの間にか視界が歪んでいる。このままだと夜に飲み込まれてしまいそうで私は衝動的に駆け出していた。


息を切らしながら家の前まで来ると換気口から甘い香りが漂っている。
あの消しくずを焼いたのか。

「ただいま」
泣き顔を見られたくなくてそのままお風呂場に向かう。

「山野、待ってたよ、一緒に食べよう!」
その前に立ちはだかるマコと白身。

「あんたの生き辛さは私らが一番わかってるよ、お腹すいたから早くしてよね」
白身はフンと鼻を鳴らしながらそっけなく言った。マコが何か吹き込だみたいだ。

私は目の前に差し出されたスコーンを受け取り一口齧る。
すると、今日あったことが走馬灯のように駆け巡り私の全身を包んだ。中には悲しいこともあったのに、不思議と嫌な気持ちにはならなかった。

「すごい、おいしい…」

マコと白身も嬉しそうに頬張っている。

「山野、毎日生きててくれてありがとう、おいしいスコーンをありがとう」
面と向かってそんなことを言われ、私は照れ臭くなって顔を背けた。

生き辛いとか世渡りが下手とかそんなことはどうでもいい。

私は今生きている。スコーンは今日もおいしい。